フィーリングアートのご感想をいただきました

  • 2015.04.13 Monday
  • 08:57
フィーリング・アートはいままでの作例を見ながら「こんなのが来たら
素敵〜♡」とか「こんなのが来たらちょっと戸惑うな〜」とか思っていた
のですが、送られてきたらなんだかとっても納得してしまいました。
森と馬とお花が好きで、フォレストグリーンとピンクとシャンパンゴールドが
好きで。白とゴールドの組み合わせも好きで。びっくりするくらい好きな
ものが詰まっていました。成人式で着た着物の色合いともそっくりなんです。

リーディングの現在のところで「悲しみを十分に味わいましたか?」という
部分だけ、最初はなんのことだかわからなくて、でも妙にひっかかっていた
のですが、一昨日参加したイベントの最中にふと過去のいくつかのシーンを
思い出して「あのときは、自分で意識してたよりずっと悲しかったんだ」と
感じました。これからまた感じ直して、涙でしっかり流すことにします。

3月はまさにお休み月間、とくに昨日一昨日はたくさんたくさん笑って、
英気もたっぷり養えました。

4月にいま乗っている馬との初試合に出て、その後留学かな?と思っていた
のですが、急にトルコに行くことになり、これからどんなことが起きるか
楽しみです。とりあえず、イスラム建築が身近にあるうちにと、「フラワー・
オブ・ライフ」の上下巻を買ってきました。

アートのほうだけでなく、リーディングも自分のニュートラルポジションを
指し示してくれていて、ぶれたあとに戻りやすくなりました。

戸隠神社もずっと気になっていたので、帰国後に行ってみます。

 

⭐︎フィーリングアートは随時受付中です。

フィーリングアートのご注文はこちら

これまでのアート作品

お客様の声

フィーリングアートのリーディング

  • 2015.04.12 Sunday
  • 09:46


お客様のアートを描くとき、はじめにお写真をみて、ぱっと飛び込んだイメージを
フィーリング・アートにしています。思い浮かんだメッセージを書き留めていきます。

ちょうど映画のワンシーンのようです。

そして、お客様のためにオラクルカードを引くと、
うんうんやっぱりそうよねえ!とお客様の状況がわかってきます。

物語の解説員のように、姿なき方々からの応援メッセージが届くのです。

私はいつも携帯電話のように繋げているわけではないのですが、
繋がったときのシャワーのような応援エネルギーを感じずにはいられません。
そのフレッシュな喜びもまたアートに還元していくという感じです❤️

アートを描く日はライフアファメーションカード
「クリエイティブな1日にします」と応援してくれます。

私自身のためにカードでひくのは、気分が乗らないときはやらないのです。
自分へのメッセージを受け取るのは、覚悟がいるんですよ・・。
久しぶりに、自分のために日本の神様カードを引きますと、
ぴったりと当てはまったメッセージをうけとりました。

昨年、富士山の近くにある神社に寄ったのですが、
ちゃーんとコノハナサクヤヒメが、見ていてくれたのです。


「あらぬ疑いをかけられた、自らの潔白の証明のために、火中で無事に出産するという
力強く自己を表現する創造のエネルギーを持っているのです」
読み解いていくと、あ〜あのことだよねえと想像しています。
その件は時間が解決することでしょう。
ありのままで最高のパワーを生むという、エネルギーをいただきました!

な〜んだ、なにも怖くなかったですね。


お客様から、フィーリングアートのリーディングで教えてもらった神社に行きました〜という
メッセージをいただくこともあります。

カードに教えていただいたので、これはというのは記載させていただきます。
でも、ピンときたらどうぞ〜というスタンスで、強制ではないのですよ。
自由を愛する私にとって、自由意志の尊重が最も重要なことです。

道に迷うことがあったとしたら、チャンスです。
たくさんの経験をしてみて、合う合わないを知ればいいんです。

自分にかける時間が少なかった人は、
自分のために時間をかけて、自由意志を育てていってほしいと、いつも願っています。


お客様にお伝えする神社に全て行ってるのではないのですが、私も教えていただいたのでございます。

一緒に旅をしたような気持ちで嬉しいです。


「プレゼント」の歌詞が沁みました。

ごほうびの出来事

  • 2015.04.11 Saturday
  • 17:34
フィーリング・アートを描いてほっとひといき。
ちょうど洗濯物を仕舞いにベランダにでると
若いツバメさんが2羽こちらに向かってやってくるところでした。

おむわぬ鉢合わせに、お互いにびっくりしまして、
ツバメさん1羽はバランスをくずしてベランダへ舞い込んできました。

ツバメさんたち・・飛ぶ練習をしていたようで、屋上の巣にもどるところを
間違えてきたようです。

ちいさなツバメさんにとって、手すりの高さはまだ越えられないようで、
パタパタとベランダを右へ左へ・・
これは逃がしてあげないと・・
そう思って、怖がるところを、傷めないようにそっと手に取り、
手すりの上に置くと、また元気に飛び立って行きました。

その果敢な姿にしばらく見とれていました。

そうだよね〜
そうやって失敗しながら、助けられながら、大きくなるんだよね。
実は助けた方も元気が出るんだよね。

ツバメさんは「挑戦と勇気」のメッセージを教えてくれました。

 

お客様から、フィーリングアートのご感想をいただきました。

  • 2015.04.11 Saturday
  • 10:45
お礼のメールをこころを込めて書きたかったので、
体力と時間に余裕のあるときにと思っていたのですが、
先週急に月末から2ヶ月の海外滞在が決まってしまい、そちらの準備に手一杯になっておりました。
気がつけば無事ダウンロード出来たことすら、ご連絡していませんでしたね。
ご心配をおかけしてすみませんでした。
いただいたフィーリング・アートは「これがわたしなんだ!」という驚きと、同時に
「やっぱりこうなんだ!」という安堵感や既知感があり、観ていて、ふわ〜とエネルギーが上がっていくのを感じました。
もっともっと上がっていいんだという自分への許可と安心感も得られました。
時間がたつほど、自分へのフィット感や親しみが増すので、このまま取り入れてふわ〜と上がって行こうと思います。
やはり書き始めたら長くなってしまいました。
続きは後ほど。
申し遅れましたが、本当にとても気に入りましたし、後にする人たちのリアクションを気にせず、
軽々と行かれるところまで行ってみようという姿勢を保つのに役立ってくれています。
本当にありがとうございました。

 

⭐︎フィーリングアートは随時受付中です。

フィーリングアートのご注文はこちら

これまでのアート作品

お客様の声

49日

  • 2015.04.05 Sunday
  • 10:00



祖母が亡くなって49日とちょっとたちました。

生きている間かなり私に影響を与えた人物です。

天気がよい春の日に、あちらの世界に旅立って行きました。

93歳の大往生は、おめでとうという気持ちです。
 

生前の祖母は、人のことばかり気にかけて、心配ばかりしている人でした。

一つの心配ごとが終わると、新しい心配事を探して、新しい課題をくれるのでした。
心配事というのは、世間一般での幸せとよばれるもので、違うところをみつけては、
足りない足りないということでした。

特に先に亡くなった母(祖母の子)のことだけは、
孫である私たちに会うたびに思い出し、涙していました。


私たち兄弟3人も悲しかったけど、大人になるにつれて、それぞれ昔のことは忘れていきました。

もう13年もすぎると、思い出は宝物で、胸にしまってあります。
現実的に生きていくこと、今生きる事が大事です。

それと、母とはそんなに離れた感じがしないのです。

人生のビックイベントがあると、母がいたら喜ぶだろうなあ・・そう思うことがありましたが、
当たり前だと言われる幸せに近づけようとすると、欠けた部分だけがみえてしまうということも学びました。

なくしたものよりも、今奇跡的にある・いるものを数えようとする方が幸せを多く感じます。

祖母がいなくなって、すごく寂しいのかなと思うと、そうでもなくて、

私たちのことを心配したり母のことを思い出して、涙することはないのだなと思うとホッとしています。


祖母には荷物を降ろして、今をみつめて笑っていて欲しいのです。
心配のエネルギーがなくなった分、私たちは軽くなれたのかなと感じます。

祖母は仕事柄もあるけど、多くの人を心配して、気にかけていました。
無私の慈愛のキャパシティーの大きさを尊敬します。
そういう姿をしっているから、うすっぺらな、まやかしの愛も区別できます。

本人はどういう人生を歩んだのか?と振り返ってみると、
案外ちゃっかりしてるところもあって、会ってない時はすっかり忘れて妙にさっぱりしてる部分もあったっけ。
良い面での強かさをもった女性。とても器が大きい人だったと思います。


人のことを世話を焼いたり、心配することが好きで、仕事の一部でした。

心配する人には、ちゃーんと心配されたい人が近くにいる。

私には、べったりしすぎたり騒がしすぎて好きじゃない部分もあったけれど。

安定志向の祖母のお勧めする人生の選択の意見は、(結婚や就職)祖母の価値観と時代の違いもあり、
ありがたいけど、全然楽しくなかったので、いうとおりにしなくてよかったな〜と今でもおもっています。
(若い頃はそれでも悩んだのが微笑ましい)

きちんと叱って厳しくするという優しさも知りました。
価値観が似ている同士だったたら、全く考えることもなかった、自分の好みや自分の気づきを与えてくれました。
とても感謝しています。


もしも、外へ外へと愛を求めているなら、すでにここにある愛を感じてくださいね^^

お客様から、フィーリングアートのご感想をいただきました。

  • 2015.04.03 Friday
  • 10:35
こんばんは naoko さん
去年12月に アートの名刺を
作って頂いた 沖縄のKです〜
今日から 京都府に 伏見稲荷大社に
行くために 来ています〜(*^ー^)ノ♪
一緒に 猫ちゃんブローチも京都に来ています〜(*^^*) 心強いです〜♪
メッセージの最後に有った
カードが伝える神社の一つで 
行ってみたいと思ったので 来てみました\(^-^)/

アートのおかげで 
成長出来ていますよ〜(笑)
ありがとうございます〜(*^^*)

報告までに人生楽しみますね〜(*^^*)



人を幸せにしてくれる素敵な
          仕事ですね♪
  ありがとうございます〜(*^ー^)ノ♪


 

⭐︎フィーリングアートは随時受付中です。

フィーリングアートのご注文はこちら

これまでのアート作品

お客様の声

門をこしらえる

  • 2015.03.30 Monday
  • 08:30

「いつも依存される」「取り憑かれれてこまる」

そういう人がいます。

実はその人の心の「門」が開いていて、「welcome」の看板が掲げられている方もいらっしゃいます。

そのことに気づいていないのです。

どちらかが一方的な関係性って、そうは、ないのかなと思います。

ず〜っと門が開いているお家があって、

いつも門が開いているので、「入ってもいいんだ♪」そうしてやってきます。

誰かが入ってきて「門が開いていた」ことに気づくのですが、その時には、なんでくるのーー!?と

頭がカーッとなってしまい、慌てて締めることになります。

慌てて締めるので、門に挟まれた人が、招き入れられたのに、追い出された!と怒るのですが、

相手が怒っているのをみて、「依存された」「取り憑かれた」「尊重されなかった」と感じているのです。

落ち着いて自分の行動を省みれば、「そういえば、開けっ放しは好きじゃないのに、開いてましたね。」
気づいたら、優雅に断ってから、ゆっくり締めればいいのですよ。

上品に・・扉を開けるより、締める方が難しいのです。

天岩戸のような隙間から、おいでおいで〜入っていいですよ〜と言われて、

恐る恐る覗いた時に、急に岩戸を閉じられることもあります。

扉に挟まった人は、何が起きたかわからないかもしれません。
悪者に見立てられたのもいい気分はしません。

ただ、事故が起きたと思うようにし、そっと扉を閉じましょう。



 

自分の好みを知ること。オーダーとデザイナー

  • 2015.03.29 Sunday
  • 14:26

自分の好みがわかってきたら、

オリジナルのオーダーで何かを頼むこともできるのです。

オーダーをお願いできる、アーティスト、デザイナーや職人さん、建築家・・

そうそう出会うわけではないですよね。

大量で作られたものがあふれた中、オーダーメイドで、やっていいこと・ダメなことがよくわからないと思います・・。

たまたま、アーティストな「友人」「知人」「親戚」など、見つけると

鼻息荒くして「雑誌で見た○○さんみたいなデザインを作って!」

そうやって、その方の醸し出す雰囲気やデザインを全く知ろうとすることなく、
頼む事もやってしまう方もいるかと思います・・・。

ピカソさんにマリーローランサンみたいな絵を描いて!というのに近いですね。

面白がって引き受けてくれるかもしれませんが、プロセスを大事にしない
表面的な完成をただ求めるのは、お勧めできないやり方です。

激しい色彩のマリーローランサン風絵画が出来上がるかもしれません。

お互い納得の上、新しい化学反応を楽しみにされるのならよいのですが、

お仕事をお願いするときにも、自分と同じくらい、相手をリスペクトしましょう。

一番いいのは、その方の作り出すもの触れて、気に入った場合、

最低限の一番大切な必要な情報だけ簡潔に伝えて、あとは一切の期待を手放し、委ねることです。

そして、楽しみに待ちましょう。

私の経験ですが、大叔父に改装をお願いした時に、諸事情で急ぎでやらなくてはいけない状況があり、
自分の好みも曖昧で、いざ現実になると、明確にはわかっていなかったのです。


実は無垢のテーブルとか自然のものが好きな私。

大叔父の好みの白黒のクールすぎるインテリア。


無垢のテーブルは早い段階で却下されました。

大叔父も、「自分好みにしかデザインできないからね〜!他の方がよかったら、それでもいいし、今なら止めれるよ」
と親切に教えてくれましたが、それも良いかもという気持ちと、大叔父のキャラクターが好きだったことの理由で、進めることにしました。

そして、大叔父の好みで統一された素敵なインテリアができました。
美術館のようで、とても素敵で嬉しかったのですが、長く過ごしてみると、
無機質すぎて自分の好み(エネルギー)とはちがうことがわかりました(笑)


好みでない部屋は、しばらくして手放すことになったのですが、

大叔父と一緒に作り上げた日々は、とても良い思い出で、
新しい部屋は新しい刺激になり、良い縁をたくさん運んできました。
一緒に作り上げた思い出は、消えません。

大叔父の哲学である、生きているうちに手に入れたものは、死の瞬間手放す日がくる。
全て自分のものでなく借り物である。
そういうことを知って、大きな執着をひとつ手放した経験でもありました。

「願い」ってひょんなことで叶うものです。

普段から好みのものをスクラップしておくことは良いことだと思います。

その時がきたら、スクラップブックが活用できます。

イメージとすり合わせるためです。
余分なイメージが伝わってしまわないように、できるだけシンプルにして準備しておきましょう。

自分の好みを知ること、伝えることは、手間がかかることです(笑)


 

好きなエネルギー同士はとっても楽チンです。

居心地が悪いのは、自分のエネルギーと合わないからです。

考えがまとまらないのは、試すことも、選ぶことなく、何もしていないからです。

完璧をもとめて動かないより、動いちゃった方がいいです。
時々、いらないものは捨てましょうね。

フィーリングアートも、描き手の個性がでます。

他のお客様のアートをご覧になって画風がお好みの場合は、良い効果が期待できます。


楽しみにしていてくださいね^^。


 

フィーリングアート K様

  • 2015.03.28 Saturday
  • 09:00


 

桃の花 開く

かぐわしい華の香り

キラキラと輝きを放ち

花のようにやわらかく

大地をかける馬のように、しなやかで力強い

のびやかで、優しく俊敏だということ

すべてが生まれつき備わっているということ

生を受けたもの、すべての幸せ

生命の息吹き

優しさと力強さの統合

枠を取り外し、越えていく

つなげていく

光はひとつになっていく

 

 

⭐︎フィーリングアートは随時受付中です。

フィーリングアートのご注文はこちら

これまでのアート作品

お客様の声

春は新しいものごとを始めるのにピッタリ

  • 2015.03.26 Thursday
  • 08:40


フィーリングアートや創作活動をとおして、自分の看板でお客様とかかわるということは面白い体験です。
お客さまの笑顔や変化を受け取るたびに感じています。
よかったなあ。

いつも私の想像を超えています。
あるのはお客様の笑顔。喜びの循環の事実しかないのです。

世間は流行が色々とありますが、自分が、そして誰か一人でも、
笑顔になるものはいいことだとおもいます。
シンプルなことです。難しいことではありません。
その出会いを大事にしましょう。


同じような面子で集まるのも飽きてくることもあります。
マンネリを感じたときに、ちょっとだけ外に飛び出してみる。
自分が良いと思うことで、人とかかわることをしてみましょう。

外野の声は関係ありません。自分の声にちゃんと従うのです。
たとえ批判されて凹むことがあったとしても
悪いことをしている気持ちにさせられるような、人の意見はどうでもいいなんことです。
誰がなんといおうと、それって良いことです。
それだけ、忘れないでください。
喜びは意外なところであなたを待っています。

フィーリングアートの名刺やカード類は、外に飛び出すためのお守りのようなアイテムでもあります。
自分の光を伝えるアイテムでもあります。
フィーリングアートはおうちの中を浄化するアイテムです。

4周年特別企画で、リーディングにはカードリーディングもとりいれ
この月は集中してこれをとりくみましょう!「3ヶ月一言メッセージ」も記載しています。

 

⭐︎フィーリングアートは随時受付中です。

フィーリングアートのご注文はこちら

これまでのアート作品

お客様の声

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    naoko (10/18)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    洋 (10/18)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    naoko (08/08)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    自転車乗り写真好き (08/08)
  • 素直にやってみる
    naoko (04/14)
  • 素直にやってみる
    Mari.N (04/14)
  • 素直にやってみる
    naoko (04/13)
  • 素直にやってみる
    Mari.N (04/13)
  • アートの使い方アイデア
    naoko (04/10)
  • アートの使い方アイデア
    陽子 (04/10)

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM