お客様からご感想をいただきました。

  • 2014.12.16 Tuesday
  • 21:00
とても素敵なフィーリングアート。
ありがとうございました。
メッセージもとても素敵で感動しました。
大切にしたいと思います。
このメールを、長崎の空港で受け取りました。
飛行機の離陸が大好きで、いつもワクワクしていました。
この絵を見た時に、「羽ばたこう」という声が聞こえ、
飛行機の離陸の様に、飛び立っていきたいです。
森も好きで、緑色の中にいると落ち着きます。
この色合いが正に私が好きな色でしたので、
本当に感動しました。
この時、ピンクのパーカーを着ていたのですよ。
長崎空港で、鳥肌が立ちました。
背中を押してくださり、本当にありがとうございました。


 
 

フィーリングアート、アップデートします

  • 2014.12.14 Sunday
  • 14:25
フィーリングアートは、内なる魂の光を表現したものを主体としていました。
少し前から、より今必要なものにフォーカスし、エネルギーシフトしたものにしたいと思い
徐々にアップグレードを重ねていました。

実は、ちょっと前から、実験的に、ご注文の欄にある質問事項をふやしています・・。

「今、気になってることはありますか?」というものですが

ないということでも、大丈夫です。
必要なメッセージをお渡しします。
 
もし、今、気になっていること、取り組みたいことがあるなら
集中的に後押しエネルギーを注ぎます。


カードリーディングを取り入れ、
より「今」に向けたメッセージも入れています。

お楽しみに〜〜。

 

本当の主体性

  • 2014.12.14 Sunday
  • 12:51
本当の主体性は、どういうものか。


自分で判断して動くことができる。
その時に、人の目、顔色を伺わず自分で判断し、行動すること。

行動に責任を持っていること。

関連する人へ配慮と、相手の立場への思いやりができること。

誰かを悪者にしたり、人のせいにしないこと。

相手の意見を、謙虚に受け止め、必要・不必要を自分で判断できること。

本当の主体性を身につけた方は、相手やまわりがどうであっても
あらゆることに感謝し、自分の考えで行動することができます。

自分を愛し、自信を持っているからこそ、できることです。


 

フィーリングアートのご感想をいただきました

  • 2014.12.11 Thursday
  • 20:39
ありがとうございます。
とても満足です〜(^-^)
動物の助けに成るような活動に成るのか?
昔から車にひかれて 命を奪われた猫ちゃんやマングースなど見かけると
天国に行きますようにと心の中で
祈ったりはしてました。
スピリチュアルのカウンセラー知名さん
に アドバイスされた事と
近いメッセージも有って びっくりです〜


ありがとうございます。
今 郵便局から受け取りました〜(*^^*)
実物は、心がワクワクします〜
猫ちゃん大好きなので ブローチ
心がひかれます(*^ー^)ノ♪
これからも 自分に正直に頑張ります〜
ポストカードも天使さん達が踊っている
ように感じます〜(^-^)
とても とても ありがとう〜(≧∇≦)
ございます〜




素敵なお写真とメッセージをありがとうございました❤️
 

フィーリングアート K様

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 22:51



 

春夏秋冬

動物たちは、誰に教えられることなく、

秋には秋の、

冬には冬の、

春には春の、支度をしています。

魂の求める方へ。

信じて進む。



 

 

リーディングを通して

  • 2014.12.08 Monday
  • 21:36
ここ最近リーディングを通して、お客様へ励ましのメッセージを書くにあたり、
さて、自分もできてるのかー?とつっこみたくなることが、あります。
皆さん、とても真摯なお気持ちでご依頼されるのです。
アートを描くと清廉とした気持ちになり、後押しメッセージを書いているときに、
そうそう、自分もやろうぜ!と声が聞こえます。
その度にぴっと背筋がのびます。
人生修行中なのです。

ここ最近、忙しい中、十分やってきたじゃんと思う反面、
あることがずっと心にひっかかったり、
いいなーと思って心から興味あること、忙しさのせいにして
行ったりやれたりしていないな・・と気になってることもありました。
そこまで自分の中の魂の興味のあるもの・必要なものを訴える心の声は微細なのです。

甘えていて、進化遅いとも、あることでガツンと叱られ気づかされました。
お勉強が必要です。泣きたくなるくらい厳しい道です。
大好きな人の飛躍の足かせになったら嫌です。
でもすっと楽になった自分もいます。

自分のネガティブさを、さらりと解放して、進んでいきたいなあ。
そして、どんなときも、いつもサポートしてくれる家族に、愛を感じました。




 

フィーリングアート I様

  • 2014.12.08 Monday
  • 21:04

 

深い森のなかにいる

彼方への新しい冒険は

びゅうびゅうと強く吹く風が後押しする

その道は正しい

すべての記憶は消される。

鳥のように、翼が生えたように、

軽くなる、明日へ羽ばたく。

自由に高らかに。



 

本当の怖いとは、ちゃんと見ないこと

  • 2014.12.07 Sunday
  • 22:33
私は、若い時期に大事な家族を亡くした経験があります。
80や90の寿命で亡くなる場合は、大往生で祝いたいのですが、
若くして亡くなるということは、非常に寂しいものです。
そのことは、似たような経験がある方、職業柄受け止めることができる方には、お話することもあります。
でも、受け止める経験のない方には、話すことはありません。

家族がみんな健康で平和だったときは、死や病といったものが、
どこか遠くのお話であり、見るのが怖く感じていました。
小さな頃に、暗闇やお化けがこわかったみたいに。
少ない経験では、想像力が働かないのです。

死を目前とする病気の家族がいるときも、今起きていることが、
夢のような気がして、治るもんだと思っていました。
だから、その病気がどういうものなのか、
周りがどう言おうと、怖くて見ること、知ることができませんでしたね。
怖いので、その家族を避けてしまうこともありました。
よく見れなかったとしても、時間は平等で別れはやってきます。

最期まで自分を愛してくれたという、思い出を残してくれました。
亡くなってからも、自由気ままに過ごしているだろう家族は、
時々?見守ってくれてるなーと思っています。
​自分を成長に導いてくれた良い経験だったと思います。

今だったらもっとちゃんと見て、今いるということをしっかり味わって、上手に別れができると思います。
でもどんだけ時間を使ったとしても、やりきれなかった感はあるものです。
あとは自分のボロボロの体と心、後悔を手放す現実が待っています。

怖いという感情は、自分で作り上げてるものなんですよ。
私にも未経験分野のものは、怖いというものがたくさんございますが・・・
ひとつづ、楽しんでやっていきます。
(あー、でも、お化け屋敷やバンジージャンプは怖いなあ。)

ようするに、怖いものに関して、知ろうとしない、向き合ってない間は、ずっとこわいのです。
でも知ろうと覚悟をきめて向き合ってしまえば、いつかは怖さの正体は、
「なんだそういうものか」と、理解できるのだと思います。

そして、誰にも奪えない経験や強さが身につきます。経験は、必ず役に立ちます。

進化があるとしたら、直観力やサイキック能力を高めることも大切ですが
自分が怖いと思うものをちゃんと知って、失敗したりもがきながら
現実的に対処していく経験も大事な気がします。

悲しみやひきずる気持ちがあり、前に進む力が出ないなら、
後押しにスピリチャルを上手に役立ててください。楽しいことも沢山しましょう。
向こうから、「いやーん」という、経験がきたら、「おーきたか!」と受け止めましょう。
修行という名の、地に足がついて、体のくっついた現実の世界も、味わい深いものです。


仕事で忙殺され、頭だけが熱くなっていく現代ですが、
時々は自分のルーツの家族も大事にしてみてくださいね。


 

神護寺

  • 2014.12.01 Monday
  • 11:43
知名さんがブログでオススメされていた、神護寺に行きました。

紅葉、京都!ナイスなタイミングです。


京都の西の方、高雄の山の中にあります。
紅葉の道を下って、屋台のある界隈にでます。

橋を渡ると、神護寺に続く長い階段が見えてきます。



長い長い階段の先に門があります。


さらに階段を上がると、神護寺です。翌日は筋肉痛になりました!


弘法大師ゆかりのお寺になります。
弘法大師というと、半生を弘法大師への祈りと教えに捧げた、大叔父の真摯な姿が思い浮かびます。

お寺の中は撮影禁止でしたが、数々の仏像がありました。

仏像を眺めていると、魂や神、祈りといった、厳格なエネルギーを感じました。
知名さんのセッションで、祈りにまつわるものを作ることが最近のテーマの私は、
頭の片隅で、物オブジェとの、エネルギーの違いはなんだろうと考えてました。

このことは、インスタントにサクサクやるのは違うなと思うので、あえてゆっくり考えています。

その答えの片鱗が煌めいたような気がしました。


「魂や気持ちが込められて作られている」

「入魂」

「手間暇を惜しまない、丁寧な扱われ方」

「祈りの対象」

「期待と欲を手放しているか。」

(こびを売っていない)


私も、ものを作って、食べてエネルギーをつないで暮らしていくのですから、そこに欲がないです、といったら嘘です。
見え隠れする欲を知りつつ、己を手放して、エネルギーを循環させて、光にかえていく。
要領よく、やれない自分であっても、正直に、飽きずに自分と付き合っていくしかないなあと。
ポジティブの中にネガティブが見え隠れする。それがバランスだ。

ネガティブだからといって何もしないのとは、大きく異なる。
安心安全な中にいて、人にやってもらっている間は、相当想像力を働かせないと気づけないこと。

出来上がる過程について無知なことが多すぎて、想像できなくなっていくのかもしれない。裸の王様みたいに。
肉を食べてるのに、命から肉に変えてくれる人のことを、すっかり忘れてしまうようなもの。
それを気付き、行動を起こし始める素晴らしさ。

生かされている、受け取る、手渡す、役にたっているという気持ちを
改めて気づくことは大事ですね。



 

バイタリティやキャパシティ

  • 2014.11.30 Sunday
  • 11:35
物事にはタイミングや旬があります。
賑やかなところに興味は沸くものです。
(行列の店に並んでしまうものですね)

自分の興味のアンテナが自分の旬です。

周りが騒いでいる時に、焦る気持ちがあるとすれば、興味とは違うということ。
心の奥底から「くー、いい〜!」と思う気持ちです。
「いい〜!」という声に素直に従ってみましょう。

周りが騒いでいようと、タイミングがあわなかったり、
アンテナにひっからないことは
手放して良いということだと思います。

手放すイコール嫌いだということではなく、
自分のキャパシティ以外のものを他の必要とされる方へ手渡すということ。
自分や環境を大事に扱った結果です。

時に身近な人や仲の良い人と、
常に一緒にいられない時もありますが、それぞれのタイミングだということで・・。
流れのまますごしていると、ただ宇宙嵐に巻き込まれてしまう。
自分で流れを作りましょ!

今日、あなたがそうして興味のあることを選択して
そして、行動しているということ。
拍手喝采です!

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    naoko (10/18)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    洋 (10/18)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    naoko (08/08)
  • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
    自転車乗り写真好き (08/08)
  • 素直にやってみる
    naoko (04/14)
  • 素直にやってみる
    Mari.N (04/14)
  • 素直にやってみる
    naoko (04/13)
  • 素直にやってみる
    Mari.N (04/13)
  • アートの使い方アイデア
    naoko (04/10)
  • アートの使い方アイデア
    陽子 (04/10)

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM