スポンサーサイト

  • 2016.08.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「やらないことリスト」「したいことリスト」

    • 2016.05.19 Thursday
    • 10:13
    ひさしぶりに「やらないことリスト」「したいことリスト」を整理しました。

    (ノートの左にやらないこと、右にしたいことを書きます)

    数年前のものと照らし合わせるのですが、ちゃんと「やらない、手放したこと」「できたこと」もあり
    自分の成長にほっこりします。

    手放しできたことの方が達成感があります。

    「したいこと」の中にもやってみて、「やらないこと」に入れたものもありました。
    それも良い経験になりました。

    私の場合、人にやってみたらといわれ、自分が好きじゃないし気が乗らないけど、
    期待があったり「やらなきゃ」という気持ちがあって、焦ってやってみたことでした。

    すごい押せ押せパワーがやってきても、違うなっていう小さな自分の声を聞いて
    自分を律して乗るかやめるかのお試しだったのだと思います(笑)

    また、「やってみたい」「やります」といって何年もやれないものが
    やっとできたのですが、もう自分の旬が終わっていてイマイチのこともありました。

    そう、旬やタイミングがあるのです。
    自分のワクワクでなくて、誰かのための義務感になってるなら、手放してもいいのですよ。
    義務感というのは、根底に好かれたいという期待があって、自分がかってに背負うことが多いのだと思いました。

    フィーリングアートメッセージを通して手渡す情報は、
    旬のことがばかりですので、ピンときたときだけ、やってみる。
    数ヶ月たって古いなあと感じたら手放してください。

    心地よい関係というのは、いつでも離れる自由があることです。

    日常に追われている時こそ、リスト整理をおすすめします。



     

    師匠

    • 2016.05.12 Thursday
    • 10:10
    先日、佇まいが素敵な方に会いました。

    直接の師弟関係ではないですが、


    お会いしてから背筋がピンとのびて、心地よい空気が流れました。

    とてもニコニコしていて、厳しい自然を相手にしています。

    ゆったりとした時が流れます。


    心の師匠と密かに呼ばせていただこうと思いました。


    そして、こうしたご縁は求めてなるものでなくて、

    ふいに現れるもんだなあと思いました。

    今の若い人は「〜に成る」ことに焦りすぎている」というのが、ありがたいお言葉でした。

     

    とはいえ、タイミングもあるのです

    • 2016.05.11 Wednesday
    • 08:32
    先日はやりたくなければ、やらなくて良いと書きました。

    では、やってみたい、手に入れたいと思うのに なかなかやらない状況では何かが壁になっているんですね。


    行動を起こす前に様々なシュミレーションが得意な方がいますが、
    いつまでもドライブシュミレーターに乗っても旅先に着かないのと同じで、シュミレーションはある程度の予想でしかありません。
    とくにシュミレーターでは悪い予測がつきものです。


    新しいことのまえに、あれこれ考えても仕方がないのです。
    タイミングもあります。

    友達といつまでも同じ事を話している時間があるなら、少しでも動いたほうがいいです。

    動いていくと人間関係もすっかり変わるものですから。

    手に入れたときの幸せな気持ち良さ、満足感をイメージして、なにか行動を起こしてみましょう。


    何が起こるか?
    楽しみにしましょう。


    フィーリングアートはあなたがワクワクして行動を起こせるよう、あなたのそばで後押しするツールです。
    どうぞ、手に入れてみてください。

     

    フィーリングアートのご予約受付中です

    やりたいことをし、やりたくないことをしない

    • 2016.05.10 Tuesday
    • 10:00
    やりたいことをして、やりたくないことをしないのが一番です。

    難しい選択をするとき、何人かの人に意見を聞くことがあると思います。

    たいていの混乱の理由は、誰かの顔色を伺うために、行動を起こすこと、ではないでしょうか。


    本当に良いアドバイザーは後ろ髪を引かれないもの。
    そうそう、あげたもの(情報)もサクッと手放します。

    (むやみにエネルギーを引っこ抜くだけの、当たるまでおみくじを何度も引くような行為とは違います。)

    やれない理由の言い訳を考えているときは、ただ、今はやりたくないとき、できないタイミングということで
    よいのではないでしょうか。

    ありがとうといって手放しましょう。

     

    元気な養蜂家のおじちゃん

    • 2016.04.15 Friday
    • 09:36


    先日、とても元気な養蜂家のおじさんに会いました。

    65〜75歳くらいだと思います。街のイベントで蜂蜜を販売していました。

    養蜂家なので、山奥で暮らしているそうです。

    「サラリーマンを途中でやめ、おばあさんと猫と暮らしているんだよ。
    今は年金暮らしで、山にはミツバチとお婆さんと猫しかいないから、話し相手もいない。

    日によっては、ずっと誰とも話さない日も何日もあってつまらないから、

    スマホ片手に若い人とコンタクトして、こうして楽しくイベントにでている」

    ということでした。

    お話を聞いて、私も元気になりました。

    何歳からでも、色々なことがやれると思いました。

    そして、何日も黙々とお仕事をするのは、街でも山でもかわらなくて、

    その人が人生を楽しんでるかどうかって、言い訳していないかどうか、
    楽しくなるように工夫して過ごしているかどうか、すごく大切なんじゃないかなと思いました。
     

    お金をいただく時の気持ちへの向き合い方

    • 2016.03.20 Sunday
    • 09:20
    個人で働き始めて、直接人様から「ありがとう」とお金をいただくようになり始めたばっかりのときに、
    ありがとうを受け取る事、お金をいただくことに罪悪感を覚える方がいます。

    会社から決まったお給料が手渡せられると、お客さんから直接の「ありがとう」や「お金」を受け取る経験がない場合もあります。
    慣れてないので、自分の仕事でお金をもらうことへ罪悪感を抱く方もいるのではないでしょうか。

    ありがとうをいった数よりも、ありがとうをいわれた数が少し多いと利益がうまれます。
    企業は利益を追求することで存続します。利益があれば社会に還元できます。
    より良いものができるように設備を整えたり誰かを雇ったり、いいものを買って、応援することもできます。

    いつまでもボランティアをしてしまうケース。与えることは大切ですが・・・。
    ボランティアは、自分の時間を使って、困っていたり助けたい人のために働く事かなと思います。
    人生経験であったり、勉強であったり、お互い様の場合もありますね。与えたら受け取りましょう!


    自分をひとつの「会社」にみたててください。
    お金を払いたくないといって、ごねてるお客さんがいます。
    (そのお客さん、他の会社にはちゃんとお金を払っています。)
    長い付き合いだから、仕方ないよね〜といって、サービスでやってあげる社長さん。
    社員には給与はないからずっとサービス残業してね。
    お給料がでない会社、働きたくないですよね・・・。すべてはバランスです。

    ボランティアをするのだって、ご飯を食べて・・エネルギー源がいります。
    時間やエネルギーが有り余っていて使い切れないのなら、ちゃんと考えて選んで有意義な使い方をするひとに渡せばいいだけなのです。

    人から頼まれたことを断れず、いつまでもその人の代わりにやってあげる話とは違います。
    自分のエネルギーを出し惜しみして、もらえるならラッキーという、厚かましい方の魂の成長の経験を妨げないようにしてください。

    「仕事です」と線引きをして、ピンとこないなら、断ったりやめればいいのです。
    憤慨したり怒り出す方もいるかもしれません。
    本当の友達や仲間なら、あなたの貴重な時間を奪いつづけることは決してないのです。

    自分を磨いたり、あなたを待っている人のために時間を使いましょう。

    面白いことに「あなたの価値を認めて、応援してくれる人」の方が長いおつきあいになっていきます。

    1日1日が命のエネルギーをつかってるのです。
     

    自分だけのJOY

    • 2016.03.15 Tuesday
    • 10:24


    自分だけのスペシャルな楽しみをみつけたら素晴らしいこと。

    子供の頃、いつまでも夢中になったことありますか?

    夕暮れまで遊んだこと
    夢中になっていたこと
    大笑いしたこと
    くだらないこと

    楽しかったけど、人からの意見でやめたことありますか?

    頭の中に入ってくる人の情報から知らないうちに
    思い込んでることもあります

    日々疲れてしまって面倒になってることもあります。

    自分が楽しい事、自分の遊び。

    どんどんしていきましょう。

    365のシフトチェンジ

    • 2016.03.06 Sunday
    • 09:00


    あなたが、やりたいことをやればいい。

    すぐに出来なかったら、ちょっとずつのシフトチェンジでもいいのです。

    1日に1つ進めたら、来年には365のことが進む。

    365も成長します。

    やりたいことが出来ない場合は、あなたが考えて考えて検討した結果
    それが出来ない環境があるから。
    できないと決めたなら、もうその答えでいいのじゃないかなとおもいます。

    あとは今を楽しむ、切り替えるのみ。

    人のために使う時間が多い・・嫌われたくないとか、
    まわりとか体裁を気にするなら、
    その人のために「命の時間」を使えるか?
    そこまでの価値があるか?自分にきくといいです。





     

    やりたいことを叶えるコツ

    • 2016.03.02 Wednesday
    • 09:00

    やりたいことを叶えるには・・・ただ、やってみるだけです。やり続けるだけです。

    「私は料理が好きです。ご飯がすきで、作るのも楽しいんです」

    「あなたと会いたいです」

    と、素直に思い、相手のこと気遣いながら伝え、あとは忘れちゃう。
    そうすると、やりたいことが叶いやすいです。

    頭から離れないくらいのときは、執着してますので、相手のことを気遣いながら、十分に間を保つことが大切です。

    すぐにでも叶わせたいと、ねっちりアピールしてしまってひかれたり、
    焦って叶うはずのタイミングに別の予定をいれると、墓穴をほるのです。

    恋愛の一場面ですと、相手が自分が好きでないと気づいてるけど、気持ちが急いていてもたってもいられないとき。
    会えない時間がさみしくて、あなたのために弁当を作りました!さあ一緒に食べましょうと、待ち伏せするすると・・・。
    人様の都合やタイミングを無視した、自己犠牲の強い意気込みは重いのです。相手に断る負担をかけない配慮も思いやりです。
    あの人消極的なんだわ〜と勝手に勘違いしないこと(笑)

    期待や願いは忘れ、自分のことに集中するただそれだけ。
    物事の調整は自然に任せたほうがいいから、心にゆとりをもつ。

    訪問販売できた新人営業マンが、鼻息荒く欲しくもないものをもってきたら・・・いらないですが、
    素敵なお店が近所にできたら・・・のぞいてみたくなります。
    好きで楽しんで素敵でいる方が、余分なエネルギーもすくなく、楽に引き寄せる力が強いです。

    待つ時は、何も考えない。
    そこからすっと引いて、熱い矛先を趣味のサークルに参加したり愉快なコントでもみて気晴らししてみましょう。
     

    無駄なものってないのだね

    • 2016.02.24 Wednesday
    • 10:21


    私は細々とした、用途のないオブジェが大好きです。

    生きてくのに必要・不必要かだけで判断する、という左脳思考だったら絶対買えないものです。

    物の持つ、きらめきで手にいれます。

    若い時の方が、用途がなんなのかわからないものを手にいれることが多かったです。
    そして目的のものが買えなかったこともあったのですが、特に困った記憶もありませんでした。

    大人になるにつれて、考えるようになり、ちゃんと必要なものだけを買うように優先順位をつけはじめたのですが
    やりすぎると、心のどこかがささくれるようです。ささくれのメンテナンスの方が高かったように感じます。

    アートの存在って、なんだろうとときどき考えることもあります。

    大昔の原始人の土偶や壁画からはじまり、彫刻や神殿。

    祈りのための彫像、力を表す石像

    生きていくのに絶対いるかどうか?といえばいらないもの。

    用の美と同じくらい、いるようでいらないものが数多く地球には存在します。

    ヨーロッパのお城の優雅な装飾品。
    ドレスのレースなどのあしらい。
    馬に付けられた鞍の装飾。
    江戸の人の隠れたおしゃれ、ちいさな宇宙根付。
    クラッシックホテルの手すりに掘られた美しい装飾。

    無駄やくだらないの中に、美や、やすらぎがたくさんあります。

    小さい頃に手に入れた海のかけら。
    貝殻を使った螺鈿細工
    ちいさな山脈のガラス細工。
    陶器のおうち・・・。
    お母さんが子供のために作ったドレスのフリル。

    小川洋子さんの小説には懐かしさ溢れるものたちが
    アンティークのような味わいで文章に描かれていました。
    それは愛です。

    今すぐ家を出なくてはいけない状況になったら、手放さなくてはいけないものかもしれないけど、記憶にはしっかりと残るもの。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
      naoko (10/18)
    • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
      洋 (10/18)
    • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
      naoko (08/08)
    • 大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけココロを込めたかです
      自転車乗り写真好き (08/08)
    • 素直にやってみる
      naoko (04/14)
    • 素直にやってみる
      Mari.N (04/14)
    • 素直にやってみる
      naoko (04/13)
    • 素直にやってみる
      Mari.N (04/13)
    • アートの使い方アイデア
      naoko (04/10)
    • アートの使い方アイデア
      陽子 (04/10)

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM